トップ 足跡 組織 業務 論文 研究会 シンポジウム 開発 発電 簡易測定 アクセス リンク メール English 旧サイト

                   <研究論文・招待講演・書籍等の年次実績>
最新 2018 2017 2016 2015 2014 2013 2012 2011 2010 2009 2008 2007 2006 2005 2004 2003 2002 2001 2000 1999 1998 1997 1996 1995 1994 1993 1992 ~1991

2016年度「招待講演」と論文

2016 査読論文

  1. “Core Loss Reduction Method for Development of High Efficiency Motors”
    Masato Enokizono,Proceedings of the 22th International Conference of Electrical Machines
    ICEM 2016 Invited Tutorial Paper, 2016.9.

  2. 「電気機器の高効率化のための低損失化法」
    榎園正人
    日本AEM学会誌,解説論文,Vol.24.No2.2016.6.

  3. Utilization Method of Electrical Steel Sheets on Stator of Self-propelled Rotary Actuator
    Naoya SodaMasato Enokizono
    Proceedings of the 22th International Conference on Electrical Machines,(査読有), 掲載決定LF-003646,2016 Transaction on Magnetics.

  4. “Magnetic Field Analysis of Self-propelled Rotary Actuator's Stator in Consideration of the Rolling Direction of the Steel Sheet,”
    Naoya Soda, Masato Enokizono
    IEEE Transactions on Magnetics,(査読有), Vol. 52, No. 3, Article #:7000404,2016.

  5. “Residual Stress Evaluation by Measuring Barkhausen,Signals for High Efficiency Motors”Yuji Tsuchida, Masato Enokizono
    Proceedings of the 22th International Conference on Electrical Machines,(査読有), pp. 2343-2347LF-007242,2016.9.

  6. “Evaluation of Hysteresis Loss and Eddy-Current Loss in Induction Motor Stator Cores Using the Excitation Inner Core Method
    Mohachiro Oka, Masato Enokizono
    Proceedings of the 22th International Conference on Electrical Machines,(査読有),pp.1688-1693,2016.9.

  7. “Utilization Method of Electrical Steel Sheets on Stator of Self-propelled Rotary Actuator”
    Naoya SodaMasato Enokizono
    Proceedings of the 22th International Conference on Electrical Machines,(査読有),pp.920-925,2016.6.

  8. Magnetic Field Analysis of Self-propelled Rotary Actuator's Stator in Consideration of the Rolling Direction of the Steel Sheet
    Naoya Soda, Masato Enokizono
    IEEE Transactions on Magnetics,(査読有),Vol. 52,No.3.,Article#:7000404,2016.

  9. “How to decrease magnetic power loss for development of high efficiency electric machines”,Masato Enokizono, XIXth International Symposium on Electrical Apparatus and Technologies(SIELA2016)proceedings of digests, (招待講演),pp11-16,2016.5.

  10. “Non-Destructive evaluation of materials by magnetic measurements”
    Yuji Tsuchida, Masato Enokizono
    Materials Science Forum,(査読有)Vol.856,pp.141-146, 2016.3.

  11. “Evaluation of Magnetic Characteristic of Ultra Thin Electrical Steel Sheet”
    Takeru Sato , Masato Enokizono
    IEEE International Magnetics(INTERMAG 2016)Conference,13th Joint MMM-Intermag Conference,2016.1

2016論文発表

磁気センサを用いた非破壊材質評価
槌田 雄二,工藤 祐樹,榎園 正人
平成28年 電気学会全国大会講演論文集,Vol.2,pp.139, 2016.3.16-18. 仙台市

第28回「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム(SEAD28)
開催期間:2016年5月18日(水)〜20日(金)
会  場:慶應義塾大学日吉キャンパス 協生館

応力複素E&Sモデルを用いたPMモータ固定子のティース部における局所引張応力効果の検討
甲斐祐一郎,榎園正人
第28回「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム講演論文集,pp.260-265,2016.5.18-20, 横浜市

高周波励磁下における三相誘導電動機モデル鉄心の局所ベクトル磁気特性と損失評価
瀬戸教紘,甲斐祐一郎,榎園正人
第28回「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム講演論文集,pp.266-271,2016.5.18-20, 横浜市,

誘導機のフレームがステータコアの鉄損に与える影響の評価
岡茂八郎,榎園正人
第28回「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム講演論文集,(査読無),pp.294-297,2016.5.18-20, 横浜,5/20

回転機性能向上のための誘導加熱による電磁鋼板の低鉄損化
槌田雄二,吉野直之
第28回「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム講演論文集, (査読無), pp.480-485, 2016.5.18-20, 横浜市

電気機器の低損失高効率化のための低損失化法
榎園正人
第28回「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム講演論文集, (査読無),pp.468-473,2016.5.18-20,横浜市

低鉄損と低磁気ひずみを実現したベクトル磁気特性制御材の磁束密度ベクトルと磁界強度ベクトル間の空間的位相差角評価
若林大輔,榎園正人
第28回「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム講演論文集,(査読無),pp.530-533,2016.5.18-20,横浜市

XIXth International Symposium on Electrical Apparatus and Technologies(SIELA2016)
開催期間:2016年5月29日〜6月1日
会  場:Hotel Bolgaria Bourgas
Invited Speaker

〇How to decrease magnetic power loss for development of high efficiency electric machines
Masato Enokizono
XIXth International Symposium on Electrical Apparatus and Technologies(SIELA2016)proceedings of digests,ブルガリア(招待講演),pp11-12,2016.5.

電気機器の高効率化のための低損失化法
榎園正人
日本AEM学会誌,Vol.24,No.2,pp53-60,2016.6.

バクルハウゼン信号による無方向性電磁鋼板の非破壊応力評価
槌田雄二,榎園正人
日本AEM学会誌,Vol.24,No.2,pp61-66,2016.6.

Magnetic Field Analysis of Self-propelled Rotary Actuator's Stator in Consideration of the Rolling Direction of the Steel Sheet
Naoya Soda, Masato Enokizono
IEEE Transactions on Magnetics,査読有,Vol.52,No.3,Article #:7000404, 2016.

"Local Hardening Evaluation of Carbon Steels by Using Frequency Sweeping Excitation and Spectrogram Method
Y.Tsuchida,Yuki Kudo,and M.Enokizono
Abstracts of Review of Progress in Quantitative Nondestructive Evaluation, Center for Nondestructive Evaluation, the Georgia Tech Hotel and Conference Center, Atlanta, GA, July 17-July 22, 2016, pp. 334.

マグネティックス研究会
電力用磁性材料,磁気応用一般
開催期間:2016年8月1日〜2日
会  場:岐阜県 高山市民文化会館2−3練習室

ベクトルB-Hテスター
上野尚平,榎園正人,井上晋一
電気学会研究会資料,マグネティックス研究会,MAG-16-85,pp.19-22,2016.8.

任意せん断応力下における無方向性電磁鋼板のベクトル磁気特性測定
甲斐祐一郎,榎園正人
電気学会研究会資料,マグネティックス研究会,MAG-16-88,pp.33-38, 2016.8

CWIEME BERLIN 2016 巻線と磁気計測の国際展示会報告
榎園正人,槌田雄二,若林大輔
電気学会研究会資料,マグネティックス研究会,MAG-16-89,pp.1-6, 2016.8

高周波ベクトル磁気特性下における二次元磁気ひずみ測定の検討
若林大輔,榎園正人
電気学会研究会資料,マグネティックス研究会,MAG-16-89,pp.13-17, 2016.8

 ○Hセンサを用いたバルクハウゼン信号による電磁鋼板の残留応力評価
槌田雄二,榎園正人
電気学会研究会資料,マグネティックス研究会,MAG-16-093, pp.25-28, 2016.8.1,

電磁鋼板活用技術の動向と鉄道応用の可能性
祖田直也,榎園正人
平成28年電気学会全国大会,S20-4,2016

平成28年 産業応用部門大会
開催期間:日時 平成28年8月30日(火)〜9月1日(木)
会  場: 群馬大学 荒牧キャンパス(群馬県前橋市荒牧町4丁目2)

 〇誘導加熱によるモータ用電磁鋼板の低鉄損化
槌田雄二, 吉野直之
平成28年電気学会産業応用部門大会論文集,3-14, pp. III-141-142, 2016.8,前橋市

(ICEM'2016)XXIIth International Conference on Electrical Machines
開催期間:September 4-7, 2016
会  場:SwissTech Convention CenterLausanne – Switzerland Tutorial 招待講演

CORE LOSS REDUCTION METHOD FOR DEVELOPMENT OF HIGH EFFICIENCY MOTORS
Masato Enozikono
ホームページ掲載( http://www.icem.cc/2016/images/doc/Enozikono.pdf  )
22th International Conference on Electrical Machines,2016.9.

Utilization Method of Electrical Steel Sheets on Stator of Self-propelled Rotary Actuator
Naoya Soda,Masato Enokizono
Proceedings of the 22th International Conference on Electrical Machines,,LF-003646,2016.9

Evaluation of Hysteresis Loss and Eddy-Current Loss in Induction Motor Stator Cores Using the Excitation Inner Core Method
Mohachiro Oka, Masato Enokizono
Proceedings of the 22th International Conference on Electrical Machines, LF-004839,2016.9.

Residual Stress Evaluation by Measuring Barkhausen Signals for High Efficiency Motors
Yuji Tsuchida, Masato Enokizono
Proceedings of the 22th International Conference on Electrical Machines, ,LF-007242,2016.9.

第25回MAGDAコンファレンスin 桐生 電磁現象及び電磁力に関するコンファレンス
主催: 日本AEM学会
日時: 2016年11月24日〜25日
会場: 桐生市市民文化会館

高速回転(HS)モータの現状と技術課題
榎園 正人(日本文理大学 ベクトル磁気特性技術研究所)
講演論文集pp349-352,2016.11.25

火星探査用モータ鉄心材料のベクトル磁気特性
上野尚平(大分大学), 榎園正人(ベクトル磁気特性技術研究所),森祐司(吉川工業),  山崎一正(日本金属)
講演論文集pp359-364,2016.11.25

鉄心材料の二次元磁気ひずみ特性
若林 大輔(日本文理大学), 榎園 正人(ベクトル磁気特性技術研究所)
講演論文集pp409-414,2016.11.25

ベクトル磁気特性を用いたモータ鉄心の低鉄損化設計
祖田 直也(茨城大学),  槌田 雄二,  佐藤 尊,  上野 尚平(大分大学),  若林 大輔(日本文理大学),  榎園 正人(ベクトル磁気特性技術研究所)
講演論文集pp415-420,2016.11.25

高速回転モータコアのビルディングファクター評価技術の検討
岡 茂八郎(大分工業高等専門学校情報工学科),  榎園 正人(ベクトル磁気特性技術研究所)
講演論文集pp421-424,2016.11.25

鉄心コア磁気特性の再生化処理法
槌田雄二,  吉野直之(大分大学),  榎園正人(ベクトル磁気特性技術研究所)
講演論文集pp429-432,2016.11.25

高速回転モータのベクトル磁気特性解析
佐藤尊(大分大学),  榎園正人(ベクトル磁気特性技術研究所)
講演論文集pp433-438,2016.11.25

マグネティックス/リニアドライブ 合同研究会
日 時2016年12月5日6日
場 所長崎大学 文教キャンパス 総合教育研究棟1F 109番講義室

MAG-16-197
LD-16-132 高速回転(HS)モータの技術課題
榎園正人(日本文理大学 ベクトル磁気特性技術研究所)
 
MAG-16-198
LD-16-133 高速回転用モータ鉄心材料のベクトル磁気特性
上野尚平(大分大学),榎園正人(ベクトル磁気特性技術研究所)
 
MAG-16-199
LD-16-134 モータ鉄心材料の二次元磁気ひずみ特性
若林大輔(日本文理大学),榎園正人(ベクトル磁気特性技術研究所)
 
MAG-16-200
LD-16-135 高速高分解能ADコンバータを用いた高速回転モータコアのビルディングファクター評価装置の検討
岡茂八郎(大分工業高等専門学校),榎園正人(ベクトル磁気特性技術研究所)

MAG-16-207
LD-16-142 高周波励磁下における三相誘導電動機モデル鉄心の局所ベクトル磁気特性測定
瀬戸教紘,甲斐祐一郎(鹿児島大学),榎園正人(ベクトル磁気特性技術研究所)
 
MAG-16-208
LD-16-143 任意せん断応力が無方向性電磁鋼板の回転磁束下におけるベクトル磁気特性へ及ぼす影響
甲斐祐一郎(鹿児島大学),榎園正人(ベクトル磁気特性技術研究所)
 
MAG-16-209
LD-16-144 積層コア磁気特性の再生化処理法
槌田雄二,吉野直之(大分大学),榎園正人(ベクトル磁気特性技術研究所)


更新日 4/10/2019