トップ 足跡 組織 業務 論文 研究会 シンポジウム 開発 発電 簡易測定 アクセス リンク メール English 旧サイト

【新着情報】

 ■12- 3-2021 トップページに「2021BM:発表資料」を掲載。

 ■11- 2-2021 トップページに「6.5%Si-Fe電気鉄板に関する研究」を掲載。

 ■10-15-2021 シンポジウムスケジュールページに2021BM シンポジウムを追加。

 ■ 6-25-2021 当ホームページ代表者略歴ページ内容を更新。2020年度の研究論文ページの内容追加。

 ■ 4- 1-2021 ベクトル磁気特性技術研究所の分室変更(大分大学⇒文理大学)により、住所・電話等の変更内容を掲載。

 ■12-24-2020 シンポジウムスケジュールページに2021年度を追加。

 ■ 8-28-2020 トップページに「ICEM 2020」発表ビデオNo.1PDF資料を掲載。

 ■ 7-15-2020 シンポジウムスケジュール2019年度の研究論文ページ更新及びリンクと旧ページ全面見直し。

 ■ 7- 8-2020 シンポジウムスケジュール2019年度の研究論文ページの内容更新。

 ■ 3-23-2020 アーヘン工科大学に2ケ月間(本年4〜5月)滞在は、来年に延期決定。

 ■ 1-17-2020 2019年度「発表資料」を5件掲載。
             ・11月 電気学会A部門マグネティックス研究会
             ・ 9月 ACEMP.OPTIM 2019
             ・ 8月 電気学会産業応用部門大会
             ・ 8月 電気学会A部門マグネティックス研究会
             ・ 5月 第31回「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム

 ■11-11-2019 アーヘン工科大学滞在決定。「シンポジウムスケジュール」ページの内容更新。

 ■10- 8-2019 シンポジウムスケジュール ベクトルマグネティックスミーティング リンクページの内容更新。

 ■ 5-25-2019 2018年度2019年度の研究論文および「シンポジウムスケジュール」ページの内容更新。

 ■ 4-10-2019 「簡易測定」のページを追加掲載。

 ■ 3-28-2019 大分合同新聞掲載の「モーターは産業の中核」:世界最高クラスの小型モーターに結実を開発ページに掲載。

 ■ 3-19-2019 子どもイベント「子ども電気体験教室」ページ更新(今後随時強化予定)。

 ■ 2-18-2019 ドイツのアーヘン工科大学で研究滞在証明書および高速高効率モータの研究開発を行った様子を掲載。

 ■ 1-12-2019 シンポジウムスケジュールページに2019年度を追加。ベクトル磁気特性技術研究会ページ更新。

 ■ 8-19-2018 2017年度2018年度の研究論文を掲載。

 ■ 8- 1-2018 トップページに「APSAEM 2018」発表資料を掲載。

 ■ 6-22-2018 「シンポジウムスケジュール」ページの内容更新。

 ■ 1-22-2018 アーヘン工科大学滞在決定。「シンポジウムスケジュール」ページの内容更新。

 ■11-25-2017 トップページにMM2017でのポスターデータを掲載。

 ■11-23-2017 トップページに「INTERMAG 2014」発表資料を掲載。

 ■10-18-2017 シンポジウムスケジュールページの2018年度を更新。

 ■10-10-2017 「2017子ども電気体験教室」の詳細内容を掲載。

 ■ 9-27-2017 トップページにMM2017での発表資料2件掲載。

 ■ 9-15-2017 トップページの社会活動関係欄に「2017子ども電気体験教室」を掲載。

 ■ 8-30-2017 トップページに電気学会産業応用部門大会での発表資料を掲載。

 ■ 8-19-2017 トップページに「シンポジウムスケジュール」をリンクしページを追加。

 ■ 7-26-2017 トップページにマグネティックス研究会での発表資料を掲載。

 ■ 7-14-2017 トップページにJAPMED'10での「ユーロ地中海科学アカデミー (EMAAS)会員証」受賞を追加。 

 ■ 6-25-2017 JapanEnglishトップページを全面更新(アクセスカウンター設置)。

 ■ 4- 1-2017 科学研究費:基盤研究(A)「高効率高速回転誘導モータの開発(代表者:榎園 正人)」が採択。

 ■ 2-21-2017 トップ「トピックス」欄&Englishページ「IECM2016招待講演」資料の閲覧状況を追加。

 ■ 1-12-2017 トップページに「トピックス」欄を追加し、「IECM2016招待講演」を記載。

 ■ 1- 7-2017 2016年度の「論文&招待講演」状況を論文ページに掲載。

 ■10-18-2016 IEEE(国際電気学会)より長年の実績が認められ「IEEE Life Member(終身会員)」の称号を頂く。

 ■ 7- 9-2016 提言「モータの低損失・高効率化のために必要な技術」を掲載

 ■ 6-16-2016 記念講演のスライド導入。

 ■ 6-16-2016 Englishページ全面見直しスライド導入。

 ■ 6- 4-2016 Englishページ復活更新。

 ■ 6- 2-2016 研究会スケジュール2015年度研究論文を更新。

 ■ 6- 1-2016 トップページにスライド導入。

 ■ 9-27-2015 2015年度の「招待講演」状況を論文ページに掲載。

 ■ 7-21-2015 電気学会産業応用部門主催の「子ども電気体験教室」を掲載。

 ■ 4-20-2015 榎園先生著書「べクトル磁気特性技術と設計法:モータの低損失・高効率化設計法」が4/22に出版。

 ■ 4-15-2015 「ベクトル磁気技術研究所」「共同研究&技術ネットワーク」組織の更新。

 ■ 1-23-2015 第1回「ベクトルマグネティックスミーティング」を東京で開催。 

 ■11- 7-2014 2014年2015年スケジュールページを更新。 

 ■10-17-2014 論文ページを更新。

 ■ 9- 3-2014 論文ページを更新。 

 ■ 4- 1-2014 「ベクトル磁気技術研究所」を設立準備。ホームページを随時制作中。

 ■ 3-31-2014 大分大学工学部教授退官。日刊工業新聞の「ベクトル磁気特性制御材」開発記事を掲載。

 ■ 3-13-2014 電気学会マグネティックス研究会にて、記念講演:「低損失・高効率化に向けた40年の道筋」

 ■ ホームページ制作に当り、青年諸氏に吉田松陰の言葉を贈ります。

   『徳を成し材を達するには、師恩 友益 多きに居り』
         人として、徳を身につけ、才能を開かせるには、師匠の恩と良友からの益が多い。

   『能はざるに非ざるなり、為さざるなり』
         できないのではない。ただ、やらないだけである。
 


更新日 12/3/2021